介護・健康保険証、マイナンバーカードと一本化へ

▼記事によると…

・政府は2023年度からマイナンバーカードと介護保険の保険証を一本化する。

健康保険証の機能も先行して組み合わせる予定で行政と医療、介護の手続きが1枚のカードで済むようになる。

政府は16年からマイナンバーカードの交付を始めたが、現在の普及率は15%程度にとどまっている。

生活に便利な多機能カードと定義し直し、取得者を増やす狙いだ。

2020/1/12 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54323130R10C20A1EA3000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

個人番号


個人番号(こじんばんごう)とは、日本に於いて「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき、個人の識別番号として各市町村または特別区からその住民に指定される12桁の番号である。通称は「マイナンバー(英: My Number)」。なお、法人や団体などには、個人番号の代わりに同じ根拠法で法人番号が指定される。
個人番号 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

こんなのに何年かかってんだよ!

やっとですか。全てマイナンバーカードに紐づければいいのに

やっとか。これで健康保険の不正利用も減るかな。まだまだ他にも一体化できそうなものありそうだな。

個人的にはSuica的な機能が欲しいのと、成りすましを防ぐ為の生体認証技術の導入ですかね。アメリカの社会保障番号制度では、成りすましの被害も多いらしいので。

顔写真は必須だと思うんです。

免許証以外に写真付き身分証明書が無いから悪事が横行する。保険証はその最たる例。正直者が馬鹿をみない社会を!

脱税を追うためにしかつかって無いんじゃねーの?と思うくらい、勝手が悪い

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事