池田清彦さんのツイート

特攻隊は犬死です と書いたらリプライがたくさん来てびっくりしています。

勘違いしている人が多いようですが、犬死とは決して侮蔑の言葉ではありませんよ。

何の役にも立たずに無駄に死ぬことです。

私は特攻隊の遺品が展示してある太刀洗博物館に行ったことがあります。

池田清彦 プロフィール


池田 清彦は、日本の評論家、生物学者。早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授。東京都立大学理学博士。
生年月日:1947年7月14日 (年齢 72歳)
池田清彦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

太刀洗博物館に行ったことがあるから何だというの?だから?あなたの発言を侮辱発言だと思う人へ何を伝えたいのかがさっぱり分からない。

私なんか特攻隊は「自爆テロ」の先駆けだと言ってます。若者に死ねと命じた将校は殆ど戦後ものうのうと生きている。自分が先頭で特攻して行った漢はいるのか?

まあ頑張って。言論人として自殺したようなものだから騒げば騒ぐほど地獄の池の深さがそして苦しみが深くなる。生き恥を晒せ。戦場で散華された兵士も貴殿のような下劣な人は少ないだろうが少しは溜飲が下がるだろう。合掌チーン

特攻隊を賛美してる連中は、無謀な作戦を立案・命令した奴らを冤罪したいだけだと思います

「貴方のご家族は犬死でした」と言われたらどう感じますか?

特攻隊が犬死というのは、「犬死を強いた者」への批判ということですね。

悲しいね。命がけで日本を守って下さったのにね。誰の命が終わっても、犬死じゃないよ。自分の大切な人の命終わったときに誰かに同じ事を言われたら何を思いますか?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認