イラン首都で1千人抗議デモ 旅客機撃墜の説明に怒り

▼記事によると…

・イラン政府が11日、ウクライナ機撃墜を認めたことを受け、首都テヘランで抗議デモが発生し、ファルス通信によると約千人が参加した。墜落は事故との虚偽説明を一転させた当局に対し国内で怒りの声が広がった。

・デモ参加者らによると、テヘランの大学前に集まった市民らは「うそつきには死を」「責任者の辞任では済まされない」などと叫んだ。

1/12 10:27 (JST)
https://this.kiji.is/588849086646535265

▼関連ツイート

イラン


イランは、ペルシャ(アラビア)湾にあるイスラム共和国です。国内には、ペルシャ帝国時代の史跡が残っています。広大な大理石が印象的なペルセポリスは、紀元前 6 世紀にダリウス 1 世によって建立されたペルシャ帝国の首都です。現代の首都テヘランには、カジャール王朝(1794~1925 年)の舞台となった絢爛豪華なゴレスターン宮殿もあれば、高さ 435 m のミーラード タワーなどの近代的な建造物もあります。
大統領: ハサン・ロウハーニー
イラン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

デモができるとは驚きであり、救いだ。全体としては危なっかしい体制ではあるが。核武装なんてとんでもない。

米軍基地への攻撃は人的被害が出ないような攻撃をしておいて、一方では多くの民間人が犠牲になっているんだからそら国民は怒るよな。

イランの首都にあるテヘラン空港から離陸した旅客機を、撃墜したんだから、ある意味 自国から飛び立った自国機を打ち落としたようなもの。レーダーなんてないんかなイラン軍には。

イランの国内官制の許可のもと離陸したのに撃墜されるなんてあり得ない凡ミス。

今回の場合、「きっかけになったアメリカも悪い」って言うのを自分たち自身が言っちゃったのも印象悪くしている気がする。そういう意見は他国や民間(評論家など?)が言う話だったのではと思う。

まぁイランは一連騒動では後手後手だよね。民間ウクライナ機撃墜は完全に世論を敵に回して、世論の批判を米国に回す策略は完全に失敗した。

本当に誤射だったのか疑問。技術的に民間機と軍用機の違いくらいわかるはず。無線でウクライナ機の機長ともら会話もしなかったのか?なぜ第一声で嘘をついたのか知りたいところ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認