ウクライナ機を「敵と誤認」とイラン

▼記事によると…

・イラン軍は声明で、ウクライナ機を撃墜した際、イランの防衛システムが同機を敵と誤認したと明らかにした。対米報復攻撃の後で、軍は厳戒態勢を敷いていたとした。

2020年1月11日 13時4分
https://news.livedoor.com/article/detail/17649805/

イラン


イランは、ペルシャ(アラビア)湾にあるイスラム共和国です。国内には、ペルシャ帝国時代の史跡が残っています。広大な大理石が印象的なペルセポリスは、紀元前 6 世紀にダリウス 1 世によって建立されたペルシャ帝国の首都です。現代の首都テヘランには、カジャール王朝(1794~1925 年)の舞台となった絢爛豪華なゴレスターン宮殿もあれば、高さ 435 m のミーラード タワーなどの近代的な建造物もあります。
大統領: ハサン・ロウハーニー
イラン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一発だけなら誤射かもしれない!で許すのが朝日新聞。

人的ミスの誤認、、、!

ミスしたのは共和国軍?革命防衛隊?どっちだろう・・・

イランはやってしまった感が、半端ない。これ下手したら戦争になるで。あとは、どうイランが責任を取るかやけど。

戦争はちょっとした誤認から始まる、関係無い一般市民が犠牲を払う、アメリカ🇺🇸こそ絶対引いてはならないトリガーに触れてしまったのかもしれない。

これはやべーわ

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認