韓日議員連盟会長「韓日関係改善すれば日本企業の資産現金化も延期に」

▼記事によると…

・姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟会長(共に民主党)が「今年は本格的に韓日関係の改善に向けた動きがあるものと期待する」と述べた。

・また、姜議員は「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)、輸出規制、強制徴用問題を同時に解決することを提案した。意志さえあれば、同時に解決できる」と述べた。

また「韓日関係がうまく解決すれば、日本企業の資産現金化の時期も延期できる」とし「被害者が要求するのは違法強制動員の事実を認めて謝罪することだ。賠償問題はその後だと言っている」と付け加えた。

1/10(金) 18:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000046-cnippou-kr

姜昌一 プロフィール


姜 昌一は、大韓民国の政治家、国会議員。共に民主党所属。2017年6月より韓日議員連盟会長。
生年月日:1952年1月28日 (年齢 67歳)
姜昌一 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

早く日本企業の資産現金化して 何を怯えているのか

資産現金化で日本が困ると思う韓国。実は差し押さえ資産現金化すれば必ず起きる日本の対抗手段に怯えている。

姜昌一の言ってる事は、順番が全く逆なんですけど。反日二階は、これを助長させる誤ったメッセージを送る言動を行っている。

二階解任賛成!そして落選してもらいましょう!

全くおかしな動きですね。何故未だに現金化していないの、かわかっているくせに💢

二階幹事長解任には、大賛成です。

何度合意をしても、守らないんだから・・・。後世に禍根を残さぬよう毅然とした対応を期待しています。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事