カルロス・ゴーン被告「日本の司法制度は北朝鮮並み」

▼記事によると…

・日産自動車前会長で保釈中に日本からレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告は、9日に放映されたフランスの国際ニュース専門テレビ局「フランス24(France 24)」のインタビューで、日本の司法制度を北朝鮮の司法制度になぞらえた。

・ゴーン被告は、日本は容疑者や被告人の身柄を拘束しようとするとした上で、まるで「北朝鮮や中国、旧ソ連時代のロシア」にいるようだったと語った。

・「同等か?」と尋ねられると、ゴーン被告は「全くその通り。正義を否定する点で同等だ」と述べた

2020年1月10日 11:26
https://www.afpbb.com/articles/-/3262904

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。
生年月日: 1954年3月9日 (年齢 65歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

レバノンからまだ出られないじゃないか、出てから、いいなよ、説得力ないよ...

タンカーが航行してるとこに自衛隊出すことすら「危ないから」って揉めてる国が、どっかの国みたいに刺客を派遣することは無理だから安心してもらっていいかと。

どんな事があろうが逃亡の理由にはならない。

彼から見たらそうだった

もっと言ったれw

それはあまりにも北朝鮮に対して失礼でしょう。

ゴーン被告って北朝鮮の司法制度に詳しいのかな…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事