ちゃんなうさんのツイート

【悲報】ワイ、知らぬ間に人権と尊厳が奪われる事態だった模様

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。
生年月日: 1954年3月9日 (年齢 65歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

クリスマスは冗談抜きで13時間数学解いてた。人権と尊厳をセルフで蹂躙して解く数学は青春の味がした

まさかゴーンが昨今話題の非モテ攻撃に援護射撃するとは思わなかったぜ。

ゴーンさん日本の司法にいじめられてかわいそうと思っていた奴もドン引きじゃね?

(;ω;)ワイにも人権は無かった…

レバノンでクリスマスを祝っていいんだという気付き。

ボッチを人間扱いしない畜生じゃないか

俺も人権と尊厳が奪われていたのか…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事