主要野党、中東への海自派遣閣議決定の撤回を要求へ

▼記事によると…

・立憲民主、国民民主、共産など主要野党は8日、国会内で国対委員長会談を開き、政府が先月閣議決定した情報収集強化を目的とする海上自衛隊の中東海域への派遣の撤回を求めることで一致。

10日に予定されている与野党国対委員長会談で、与党側に伝える考え。

立民の安住淳国対委員長はイランによるイラク国内の米軍駐留基地への攻撃を踏まえ、「今の状態で海上自衛隊を現地に派遣すべきではない。閣議決定そのものを白紙に戻す、撤回することの方が正しいのではないか」と述べた。

2020.1.8 11:43
https://www.sankei.com/politics/news/200108/plt2001080012-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

安住淳 プロフィール


安住淳は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。立憲民主党国会対策委員長。 財務大臣、政府税制調査会長、衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣、民主党国会対策委員長、民主党幹事長代行、民主党宮城県連代表、民進党国会対策委員長、民進党代表代行等を歴任した。 父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
生年月日: 1962年1月17日 (年齢 57歳)
安住淳 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

石油はどうすんだって話。

むしろ警護の必要性が増してるじゃん。

そんな危ない中東地域に命を張って石油を取りに行って下さってる方々を守りに行くのだから撤回したら余計に日本国民の命を危機にさらすのでは?

日本のタンカーを守る責任の放棄にしか見えない。野党は現実を直視しないから信用ならない。

野党の皆さん、日本が使う原油の80%を運ぶ、中東から日本へのタンカーも、運航中止にしますか?

反対しか言わないね。

ではどうやって原油の確保をするのか説明頂きたい。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事