180人搭乗のウクライナ航空機、イランで墜落

▼記事によると…

・イラン国営テレビによると、乗客と乗員の180人を乗せたウクライナ国際航空のボーイング「737」型機が8日、テヘランのイマム・ホメイニ国際空港を飛び立った後に墜落した。

死傷者などについての情報はない。国営テレビは、墜落の原因は技術的な問題とみられると報じた。

2020/1/8 12:57
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54156440Y0A100C2EAF000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

ボーイング


ボーイングは、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。
ボーイング - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

偶然とは思えない。

アメリカが仕掛けたんじゃないだろうね。

このタイミングで事故。テロじゃないのか?

またしてもボーイング737・・・。

また微妙な国だな ウクライナ疑惑・・・ クリミア・・・

時節柄気になるニュース。

技術的な問題って書いてあるけどタイミング的に色々と憶測を呼びそうな...

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事