トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃する

▼記事によると…

・トランプは1月4日、米軍によるイラン革命防衛隊のカッセム・スレイマニ司令官殺害にイランが報復した場合、アメリカはイランの民間施設、文化施設、軍事関連施設の計52カ所を攻撃すること、そして米軍が攻撃目標のリストをまとめたことを明らかにした。

トランプによると、52という数字は1979年に起きたテヘランの米大使館占拠事件で人質にとられたアメリカ人の人質の数を表しているという。

トランプのこうした発言に対して、「ばかげている」とイランの最高指導者アヤトラ・ハメネイ師の軍事顧問ホセイン・デフガンはCNNに語った。

イランの文化財を攻撃するというトランプの脅しをアメリカが実行するなら、「米軍の人員、アメリカの政治拠点、アメリカの軍事基地、アメリカの船舶はすべて安全ではなくなる」と、デフガンは語った。「トランプが52カ所と言うなら、こちらは300カ所を攻撃する。すべてわれわれの射程内にある」

さらにデフガンは、文化的な拠点への攻撃は国連によって戦争犯罪と見なされているとも語った。

2020年1月6日(月)16時00分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/52300.php

イラン


イランは、ペルシャ(アラビア)湾にあるイスラム共和国です。国内には、ペルシャ帝国時代の史跡が残っています。広大な大理石が印象的なペルセポリスは、紀元前 6 世紀にダリウス 1 世によって建立されたペルシャ帝国の首都です。現代の首都テヘランには、カジャール王朝(1794~1925 年)の舞台となった絢爛豪華なゴレスターン宮殿もあれば、高さ 435 m のミーラード タワーなどの近代的な建造物もあります。
イラン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

今こそ国連の出番だとは思いますが、全くと言っていいほど国連はなんもしませんね。とにかく、一般市民の避難が最重要課題でしょう。

オークションやめーや

52ヶ所やったら300ヶ所やったるとかガキの頃の口喧嘩みたいやな。ここまで感情的になるといくところまでいかんと収拾つかんのかな。どうか罪のない子供たちの尊い命を奪わないで欲しいと願うばかり。

お互いに罵っているが、開戦となれば米国の戦力には一たまりもなく数週間で結着がつくのは明白。ただ9.11にあるようにテロを防ぐことはペンタゴンが優れているといえ完全には防ぐことはできない。テロ戦闘員を育成し、周到に下準備を行い、実戦さながらに隠れて戦闘訓練をする。しなしながらいつの時代になっても中東はきな臭い。

安保理で拒否権持ってるアメリカに国連が何かできるはずもない

トランプは無知、イスラエル側イスラムは嫌い もともと同じ宗教です 両方悪い 仏教徒が一番良い

トランプに懸賞金かけてて草 久しぶりに第三次世界大戦のニオイ漂ってんなぁ 人類滅亡 2020年3月 これが当たっちゃう?

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事