相模原事件、責任能力が争点に 8日に初公判 被告なお障害者の存在否定

▼記事によると…

・相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、利用者ら19人が殺害され、26人が負傷した事件で、殺人罪などに問われた元同園職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で始まる。事件当時の責任能力の有無や程度が最大の争点になる。「障害者は不幸をつくる」という差別的な考えから事件に及んだとされる被告が、被害者の家族らが見つめる法廷でどのように事件と向き合うかも注目される。

・関係者によると、弁護側は事件当時は薬物の影響から刑事罰に問えない心神喪失状態だったとして無罪を主張するとみられる。事件前に措置入院した際に「大麻精神病」などと診断され、逮捕後の尿鑑定でも大麻の陽性反応が出ていた。

2020年1月5日 17時41分
https://news.livedoor.com/article/detail/17621996/

相模原障害者施設殺傷事件


相模原障害者施設殺傷事件(さがみはら しょうがいしゃしせつ さっしょうじけん)とは、2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区千木良476番地にある、神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に、元施設職員の男A(犯行当時26歳)が侵入し、所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件である。
相模原障害者施設殺傷事件 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

出たよ、責任能力の有無。

責任って取れるかどうかじゃなく、取らせるのが司法でしょ。

前から思ってたけど、責任能力ないから罰はなしってのは分かるけど、それなら社会から隔離しないとダメだよね

この人が世に放たれるのが怖い

責任能力無し定期

いい加減法改正して、「心神喪失状態は罪に問わない」を変えたほうがいい。加害者がどんな状態でも殺された被害者には関係ないし、殺された事実は変わらないのだから。

責任能力無いから無罪とかはなんかおかしい気がする

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認