カズ ラグビーW杯生観戦で感じた“恥ずかしさ”とは「サッカー選手ってすぐに…」

▼記事によると…

・サッカーJ1に昇格する横浜FCのFW三浦知良(52)が1日放送の日本テレビ「新春シューイチ」(前5・50)にVTR出演。昨年のラグビーワールドカップ(W杯)を生観戦した際に感じたという、サッカー選手としての「恥ずかしさ」について語った。

「現在はテクノロジーが発展して、サッカーでも戦術をすごく教え込まれる。でも、ラグビーの選手も根本にあるのは戦い。気持ちが大事だということを日本代表に教わった」と明かした。

また、「ラグビー選手は激しい戦いで、当然けがをしても痛い顔をしない」とした一方で「サッカー選手ってすぐに痛がるじゃないですか。あれはちょっと恥ずかしいなって思いまして。痛がってる割には、すぐにすぅ~って走ってちゃうから」と指摘。

続けて、ラグビー選手はレフリーにクレームを入れないことにも触れ「それって紳士的というか。サッカー選手はすぐに文句を言うじゃないですか。役者みたいに」。

2020年1月4日 12:07
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/04/kiji/20200104s00041000165000c.html

三浦知良 プロフィール


三浦 知良は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手、フットサル選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションは左ウイング、センターフォワード。妻はタレント・ファッションモデルの三浦りさ子。 ニックネームは“カズ”、または“キング・カズ”である。 日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献した。
生年月日:1967年2月26日 (年齢 52歳)
三浦知良 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

多分サッカー経験者はみんなそう思ってるかと。海外でサッカーもラグビーも盛んな国ってお互いの競技をどう思ってるんでしょうかね。

神様のお言葉。

それを言っちゃあおしめえよ。

サッカーはそういうスポーツではあるけどもラグビーの根本的な戦いの精神と比較すると恥ずかしさはたしかに感じたなぁ

さすがカズさん。僕もラグビーを観て同じことを感じました。「紳士であれ。」選手に届け☺️

ラグビーとサッカーではブーイングの意味も違うからね

川淵さんもカズの日経新聞の記事を絶賛していましたね。紳士的、、、いいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事