「引き受けないと家族に被害」航空会社幹部を脅迫か

▼記事によると…

・カルロス・ゴーン被告の出国に関与したとしてトルコの検察に起訴された航空会社の幹部の男が「仕事を引き受けなければ家族に被害が及ぶ」と脅されていたと地元メディアが伝えました。

・男は空港に現れたのが「ゴーン被告だとは知らなかった」とも話しているということです。トルコの検察はゴーン被告が搭乗した2機の飛行機の押収に乗り出すなどして調べを進めています。

2020年1月4日 15時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17617728/

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、ブラジル出身の実業家。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。
生年月日:1954年3月9日 (年齢 65歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

映画?

本当だとしたら、この脅迫の後に年越しパーティーをしていた訳だ。家族に危害が及ぶかも、捕まるかもと怯えていた幹部の裏側で。

余計に罪増やしてどうすんだか

最終的に北に逃げそう。

引き受けたらかなりの報酬もらったんだろ。

これはいけませんね

本当だとしたらひっどい人。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認