非正規公務員 一部自治体で給料減額の動き

▼記事によると…

・全国の自治体で働く「非正規公務員」にボーナスの支給を可能にする新たな制度が新年度から始まるのを前に、一部の自治体で毎月の給料などを減らす動きが出ていることがわかりました。

総務省は財政悪化を理由にした給料の抑制などはやめるよう、全国の自治体に通知しました。

2020年1月4日 6時21分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200104/k10012234921000.html

総務省


総務省は、日本の行政機関のひとつ。行政、選挙、公務員、地方自治、情報通信、郵便その他国家の基本をなす諸制度を所管する。
総務省 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

月額を減らしたら、ボーナスも減らせますね。ただでさえ身分が不安定なのだから、そんなことするなよ。

トップの人間順に減額すればいいのに

全国の自治体で働く「非正規公務員」にボーナスの支給を可能にする新たな制度が新年度から始まるのを前に、一部の自治体で毎月の給料などを減らす動きが出ている 正規が沢山もらっているのに、弱いところから削る、理不尽ですよね。

うちもその1人です。基本給3万程度減額。ボーナスあるから年間の給料は上がるでしょ?的な。毎月3万円も減額されたら生活大変なのが分からないのかね。契約期間まで変更されました。

ニュースによれば国がボーナスで増えるぶんの原資を配布しているわけで、これは減額する地方自治体が悪い。

正規の公務員も。そのうち公務員制度もなくなるかもね。

需給関係で決まる以上,そりゃ職員1人当たりトータルの人件費が市場価格に収斂するよう調整がかかるのは当然だよね。役所側としても,予算が増えない中,人員を減らしたら回らなくなるし。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事