ゴーン被告、監視中止当日に逃亡 日産手配の業者に告訴警告

▼記事によると…

・カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反罪などで起訴=がレバノンに逃亡したのは、自身を監視していた警備業者について刑事告訴する方針を表明し、これを受け業者が監視を中止した直後だったことが3日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、ゴーン被告が監視をやめさせて逃亡を図りやすくするため刑事告訴を悪用した疑いもあるとみて調べている。

・弁護人の弘中惇一郎弁護士は昨年7月、ゴーン被告が同4月に保釈されて以降、保釈条件で指定された東京都内の住宅周辺を何者かに見張られたり、外出先まで尾行されたりしていると明らかにし、「重大な人権問題」と訴えた。

2020.1.4 00:18
https://www.sankei.com/affairs/news/200104/afr2001040002-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、ブラジル出身の実業家。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。
生年月日:1954年3月9日 (年齢 65歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これ、弘中弁護士は完全にグルじゃないですか。グルじゃなかったら利用だけされてる間抜けで、何が敏腕弁護士なのかという感じだし、いずれにせよク◯ですね。

ああ、これは弁護士もグルですわ

日本って平和ボケしすぎだよね

弘中は裁判する気がなく逃亡させようとばかりしてると思ってた

犯罪者の人権とか言ってるク◯どもこれどう責任取るんだ

犯罪者の人権とか言ってるクソどもこれどう責任取るんだ

流石にこれは責任とれよ弁護団

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事