エリック Cさんのツイート

NHKは「日本とレバノンの間には容疑者の身柄の引き渡しに関する条約が結ばれていない」と言うが、それは印象操作的で、日本と犯罪人引渡し条約を結んでいる国は世界に、たった2ヵ国しかない。

それ位、もともと日本政府は世界から信用などされていないということだ。

すでにして日本の報道がやばい。

犯罪人引渡し条約


犯罪人引渡し条約(はんざいにんひきわたしじょうやく)とは、国外に逃亡した犯罪容疑者の引き渡しに関する国際条約。
本来、各国は他国からの要求があっても犯罪人を引き渡す義務を負うものではないが、犯罪人引渡し条約を2国間または多国間で結ぶことで犯罪人の引渡しの義務を相互に約する。
犯罪人引渡し条約 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

引き渡したが最後何されるかわかったもんじゃないって思われているんですね。

(◎-◎;)そうだったんですか………。報道が体裁をつけてるだなんて!

日本の司法は世界的に信用されていないのが露呈した日。

「日本と犯罪人引渡し条約を結んでいる国は世界に2ヵ国」が「日本政府は世界から信用されていないということだ」と根拠なく結論づけるのは、まさに印象操作的たな(笑)

全く違った基準で動いている国です。封建時代からの習慣、現状に合わせるべく法を捻じ曲げて合わせていく、その知恵をエリートが構じる。裁判に意味がないと言いたいくらいです。

一般論として条約がなくても相手国から引き渡しを求められれば応じるのが原則なんですよ。だから条約がなくてもなんとかなってるんです。ただ、条約がないと引き渡す義務はない、という事ですね。

たった2か国かあ。❓よっぽど日本て信頼されていないんだなあ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事