【声明全文】ゴーン被告「私はレバノンにいる」渡航禁止も出国

▼記事によると…

・金融商品取引法違反などの罪に問われ、ことし4月に保釈された日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が「私はいまレバノンにいる」とする声明を発表し、海外への渡航を禁じられているにもかかわらずすでに日本を出国したことを明らかにしました。(声明全文を掲載)

ゴーン被告 声明全文
カルロス・ゴーンからの声明。
私はいまレバノンにいます。
もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなります。
日本の司法制度は、国際法や条約のもとで守らなくてはいけない法的な義務を目に余るほど無視しています。
私は正義から逃げたわけではありません。
不公正と政治的迫害から逃れたのです。
いま私はようやくメディアと自由にコミュニケーションできるようになりました。
来週から始めるのを楽しみにしています。

2019年12月31日 14時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012232821000.html

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、ブラジル出身の実業家。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。
生年月日:1954年3月9日 (年齢 65歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんで無断出国なんて事が罷り通るのですか?

勝手に出国出来ちゃった事に対して、日本司法は、どうコメントするか📝

国際指名手配ですな

弁護士は何してたの?

ん〜これはゴーンサイドがお見事と言うしかないんじゃないか?あとは責任の擦り合いが泥沼化して、みんなから徐々に忘れられてくんだろうね。

日本の司法に関係する人たちへの戦線布告です。そして、司法がそもそも法律に基づいていることからすれば、国会=国民への挑戦になります。飛躍しますが、伊藤詩織さん事件に表れた人権侵害を自分も受けた、とゴーン氏は主張しているのでは。

「レバノンにいます(キリッ」 じゃなくて。

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認