医者の多くはジェネリック薬を飲まない?「本心では信用していない」

▼記事によると…

・ジェネリック医薬品は「患者ファースト」ではないと週刊新潮が報じた

・医師の多くは、本心ではジェネリックを信用していないと内科医の志賀貢氏

・製剤方法や添加物が異なることもあり、効果に大きな差があるとのこと

2019年12月28日 11時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17592580/

後発医薬品


後発医薬品、ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の独占的販売期間の終了後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一であり、先発医薬品に比べて低価格な医薬品である。販売名は、各統一ブランド名称の後ろに剤型と「会社名」となっている。 後発薬、GE薬といった略称で呼ばれることもある。
後発医薬品 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

マジこれな‼️一時期薬局で毎回進められて断ってたけど最近なにも言われないのはこういうのが広まってきたからかな?

個人的にもジェネリックは違う気がする・・減圧剤きかんかったし

私も信用していないのでジェネリック薬は飲んでいません。

眼科医がレーシックに手を出さないのと同じやね。ってか、医者だって多くは患者ファーストじゃなくて診療報酬ファーストやん。

儲からないからって正直に言えよ

金がある医師が古くて高いほう選ぶのは当然で、そんな医師の話は信用できるはずもなく

知ってた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事