保育士処遇改善の交付金 賃金上乗せに使われず 会計検査院

▼記事によると…

・保育士の賃金を増やすため国などが平成29年度までの2年間に保育施設に支出した交付金のうち、延べ660の施設で合わせて7億1900万円余りが、実際は賃金の上乗せに使われていないか、または使われていない可能性の高いことが会計検査院の調査で分かった。

保育人材を確保するため、国は保育施設の運営費について、勤めている保育士の平均の勤続年数や役職などに応じて加算をつけ保育士の賃金を増やすことを目的とした交付金を支払っている。

その理由について多くの保育施設は「失念していた」と回答した。

会計検査院は内閣府を通じて市町村に、交付金が適切に使われているかどうか確認や指導を行うよう求めている。

2019年12月29日 11時37分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191229/k10012231681000.html

しつねん【失念】

うっかり忘れること。どわすれ

twitterの反応

▼ネット上のコメント

うちの保育園の場合はまず、勤続9年の園長が6万円取ります。勤続15年の私は5000円上乗せです。馬鹿らしい。

なにに使われたんだろう……

酷いですね!保育士の皆さん本当に頑張っているのに😥

各運営会社上層部の懐に入ったな。。。

てかそれを条件に交付しろよ。拘束なきゃ懐にいれるのは予想できただろうに

民営化の行き着く先。初めから分かってたこと。

あ〜やっぱり経営陣の懐に消えただけか

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認