「韓日慰安婦合意、違憲性判断の対象でない」 韓国憲法裁が訴え却下

▼記事によると…

・韓国憲法裁判所は27日、慰安婦被害者らが旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日政府間合意の違憲性判断を求めた訴えに対し、「違憲性判断の対象ではない」とし、却下した。

却下は違憲かどうかの判断を求めた訴えが憲法裁判所の判断対象ではないとみた際に審理をせずに下す処分。つまり、裁判所は慰安婦問題を巡る韓日政府間合意が慰安婦被害者の基本権を侵害したかどうかについて、判断しないということだ。

憲法裁判所は「同合意は政治的合意であり、これに対するさまざまな評価は政治の領域に含まれる。違憲性判断は認められない」とした。

2019.12.27 15:33
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191227002500882?section=japan-relationship/index

慰安婦


慰安婦とは、かつて主に戦地で将兵の性の相手をした女性のこと。一般に慰安婦というと日本軍慰安婦を指すことが多いが、「慰安婦」という呼称は第二次世界大戦後日本軍が消滅した後の韓国軍でも使用されていた。また、同義の女性はドイツ軍やフランス軍にも存在した。
慰安婦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

そもそもこんな話が出てくる事自体がオカシイ。

破棄同然なのに違憲か合憲か争う必要があるのかと…

これ、違憲いうたら、日韓基本条約も米韓同盟も無効化できて、首絞めるだけだからなぁ。

これが普通

気をつけなければいけない点は「合意は合憲」としたわけではなく「判断の対象ではない」と韓国憲法裁判所が判断を回避したことである。

えっ!!どうしたの?急に。

前進するのかどうかは、韓国政権がこの判決を受けて合意を順守するかどうかにかかっていると思う。

追記

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認