安倍首相「国難とも言える状況」少子化対策進めるよう指示

▼記事によると…

・安倍総理大臣は26日、総理大臣官邸で、少子化対策を担当する衛藤一億総活躍担当大臣とおよそ30分間、会談。

会談では、ことし1年間に生まれた子どもの数を示す「出生数」が、はじめて90万人を下回る見通しとなったことをめぐって意見が交わされ、安倍総理大臣は「大変な事態であり、国難とも言える状況だ」と指摘。

そのうえで、安倍総理大臣は、衛藤大臣に対し、政府が掲げる「希望出生率1.8」の達成に向けて、あらゆる施策を動員して対策を進めるよう指示した。

2019年12月26日 19時08分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191226/k10012229511000.html

安倍晋三 プロフィール


安倍晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官等を歴任した。 内閣総理大臣としての通算の在職期間は歴代最長。
生年月日: 1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

えっと、何年やっておられる?

少子化を進めてますけど。

今ごろになって「少子化対策進めるよう指示」って、あんまりにもお粗末。総理大臣を7年もやって、この結果ですか?

最低賃金の引き上げ、教育費の減額、減税はやって欲しいところ。

その程度の意識だから、厚労省の人が令和のせいで結婚するタイミングが遅れたとか温いこと言っちゃうのよ!

生まれた子供の教育費、養育費を大学卒業まですべて国が持つべき。

流石に遅すぎるとは言わざるを得ない。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認