文大統領「韓国政府、徴用判決に関与できない」 安倍首相に説明

▼記事によると…

・韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が24日に中国・成都で行われた安倍晋三首相との会談で、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟判決に関し、「韓国政府は大法院の判決に関与することはできない」との立場を明確に伝えたことが分かった。

2019.12.25 17:28
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191225001600882

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 66歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

んじゃ話し合っても無駄

自分達の問題の解決をしないで折衷案もくそもない。

韓国政府が関与出来ないのは分かったが日本が韓国内の判決に従う理由もない

慰安婦合意も違憲と判断される見通しです。

自国の判決に関与できないって、それもう政府・法治国家として成り立ってないでしょ。「国民を止める事はできない」って公言してる時点で、法や政府の存在自体無意味では?

1965年に個人賠償のお金もらってるから韓国政府で払います。でいいんじゃないのか?

つまりは条約を破棄するということですね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事