「あばら骨にスパイクを…」 韓国代表エース、“蹴り上げ蛮行”の退場劇に英紙騒然「暴力行為」

▼記事によると…

・トッテナムのFWソン・フンミンが、22日の試合で一発退場を命じられた

・競り合って転倒した際、相手選手の腹部を両足で蹴り上げたためだという

・英紙「デイリー・メール」は「トットナムの悲惨な1日をさらに悪化させる暴力行為」と取り上げると、「かかとをジェット発射させた韓国の重鎮がリュディガーのあばら骨にスパイクを押し込んだように見えた」と指摘した。

・ソン・フンミンは2019年で3度目のレッドカードとなり、第11節エバートン戦では相手MFアンドレ・ゴメスに強烈なタックルを浴びせて、一発退場。それでも、その後は“謝罪ジェスチャ―”を行うなど、反省する様子も見せていた。

2019年12月23日 11時41分
https://news.livedoor.com/article/detail/17567199/

孫興民 プロフィール


孫 興慜は、韓国のサッカー選手。孫 興民表記の報道も見られる。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。2010年より韓国代表に選出され、2018年からは代表で主将を務める。UEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグのアジア人最多得点記録保持者であり。
生年月日:1992年7月8日 (年齢 27歳)
孫興民 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

サッカーは格闘技ではないと誰か教えてやれよ。ラフプレーが多すぎるよ。

後ろのケインの「どうしようもねーな」って顔w

国際試合出場停止にして下さい

観客の前でよくやるよなーこれを期待しているファンがいる?

スポーツをする資格は無い!以上❗️

え、また?

どげんもならんばい😩

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認