日韓慰安婦合意、27日に“違憲性”を判断 韓国憲法裁

▼記事によると…

・韓国の憲法裁判所が、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意が違憲かどうかの判断を27日に下す見通しだ。

・元慰安婦の女性らが16年3月に、日韓合意は違憲だとして起こした訴えに対する判断で、元慰安婦らは当時、合意の過程で排除され、合意後も内容が十分に説明されず「知る権利が侵害された」と訴えた。さらに、「財産権や人間としての尊厳、国から外交的保護を受ける権利を侵害された」と主張。

日韓両政府は合意で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。

・しかし、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は日本と合意したことは認めてはいるものの、「合意では慰安婦問題は解決しない」との立場で、合意は形骸化している。財団も韓国側が今年、一方的に解散した。

・憲法裁で違憲判断が出された場合、日韓合意は韓国内では無効となる。日本政府としては認められないことで、日韓関係の一層の悪化も不可避となる。

2019.12.24 16:14
https://www.sankei.com/world/news/191224/wor1912240016-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

慰安婦


慰安婦とは、かつて主に戦地で将兵の性の相手をした女性のこと。一般に慰安婦というと日本軍慰安婦を指すことが多いが、「慰安婦」という呼称は第二次世界大戦後日本軍が消滅した後の韓国軍でも使用されていた。また、同義の女性はドイツ軍やフランス軍にも存在した。慰安婦は軍隊が配置された場所の慰安所で働き、利用者は前述の国の将兵に限らず、同盟国や国連軍の将兵もいた。
慰安婦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

韓国憲法では、4年で時効です

は?断交だなこれは

韓国とは未来志向の関係などあきらめたほうがいい、所詮水と油、利用しあうことはあっても、助け合うことなど望めるわけがない

今後、万が一、韓国と協定を結ぶことがあれば必ず協定違反へのペナルティーも明記する。

日本との合意なんて破っても構わないという日本差別の意識があるのではないかと思ってしまう。。。

今の政権下なら、違憲と判断する可能性が高いか。

憲法裁とかいうところは、国家間で結ばれた条約を無効に出来るのか?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認