あいちトリエンナーレを県知事が回顧「津田監督は猛省を」

▼記事によると…

「いま振り返っても中止決定は正しかったと思っています」

・12月16日、本誌取材にこう語ったのは愛知県の大村秀章知事(59)。8月1日から10月14日まで開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」では実行委員会の会長を務めた。

・この問題では、河村たかし名古屋市長とのバトルも注目された。

・芸術監督を務めた津田監督に対しても、こう苦言を呈する。

「昭和天皇の映像作品については、うちの事務局職員が見たのが7月30日。31日に内覧会で8月1日から展示。これは我々に知らせずに勝手に持ち込んだのに等しいので、津田監督には大いに反省してもらわないといかんと思います。

本来ならば、作品の中身については、事務局とキュレーター、アーティストと芸術監督の4者で詰めていくはずなのに、事務局の担当者が入る余地がなかった。津田さんが意図的にそうされたと言われても仕方がない。そこは津田さんに反省してもらわないと」

・一方の津田氏は「僕だけを責任追及することに終始している」などと反論。

2019.12.24 00:00
https://smart-flash.jp/sociopolitics/88841

大村秀章 プロフィール


大村 秀章は、日本の政治家、農水官僚。愛知県知事、日本一愛知の会会長。
生年月日: 1960年3月9日 (年齢 59歳)
大村秀章 - Wikipedia

津田大介 プロフィール


津田 大介は、早稲田大学文学学術院教授、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。
生年月日: 1973年11月15日 (年齢 46歳)
津田大介 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

今更責任を押し付けるなよ

大村知事は許されない。

自分は悪くないっていう言い訳に終始。船が沈みだしたら真っ先に逃げ出したセウォル号の船長みたいに卑怯で酷い男だなぁ‼️

批判的な意見は全てブロックする知事。あっ…自分もこの人にブロックされてた😂

この愛知県知事大村秀章の主張には評価できる部分もあるが、芸術監督津田大介に責任転嫁している部分はいただけない。先に出展作品を見せなかったというが、見せて、それを展示させないということをすれば、自ら言っている憲法で保障された表現の自由を侵すことになる。

結果的に、傷ついたのは日本の「芸術」と「芸術家」。猛省をするのは、総責任者の大村知事。 

結局締めくくりは仲間割れか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事