靖国神社に墨汁、中国籍の男有罪  東京地裁判決

▼記事によると…

・靖国神社(東京都千代田区)に飾られた天幕に墨汁をかけたとして、建造物侵入と器物損壊の罪に問われた中国籍の自称作家、胡大平被告(54)に東京地裁は23日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡した。

・弁護側
「靖国神社への抗議が目的で、憲法が保障する表現行為だ」として無罪を主張

・石田寿一裁判長
神社にとって重要な品の幕を、相当範囲汚損して財産権を大きく侵害しており、表現の自由によっても許されるものではない」

2019.12.23 15:13
https://www.sankei.com/affairs/news/191223/afr1912230026-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

靖国神社


靖国神社は、東京都千代田区九段北にある神社である。幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり、嘉永6年(1853年)のペリー来航(いわゆる「黒船来航」)以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」として祀り、その柱数(柱(はしら)は神を数える単位)は2004年(平成16年)10月17日現在で計246万6532柱にも及ぶ。
創建: 明治2年(1869年)
靖国神社 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

当たり前だぁ!

日本文化を壊す外国人を弁護する弁護士がいるとは(´Д`)

これは刑事事件でしょ?民事で賠償金を求めてないのかな?

やっとまともな判決を見た気がする。最近の裁判官がおかしいので。

最近東京地裁で変な判決が続いてたので、心配してました😅💦

当たり前だ

抗議のための表現行為 なら罪にならないとすると…自由故のカオスですね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事