日本ウイグル協会のアフメット理事、中国のウイグル政策「収容所、全土に1000カ所」

▼記事によると…

・中国政府によるウイグル弾圧を裏付ける内部文書が明らかになり、国際社会が非難を強める中、日本ウイグル協会理事のレテプ・アフメット氏(42)が21日までに産経新聞の取材に応じ、中国政府のウイグル政策について「やっていることはナチスと変わらない」と語った。

2019.12.22 13:17
https://www.sankei.com/politics/news/191222/plt1912220005-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

ウイグル


ウイグルは、4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活動したテュルク系遊牧民族とその国家、及びその後裔と称する民族を指す。現在は中国の新疆ウイグル自治区やカザフスタン・ウズベキスタン・キルギスなど中央アジアに居住しており、人口は約1千万人、テュルク諸語のウイグル語を話すムスリムである。
中国: 11,478,000
トルコ: 800
モンゴル: 300
ウズベキスタン: 54,000
ロシア: 3,700
キルギス: 51,000
ウイグル - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

明らかにナチスより酷い

習近平国賓訪日は止めた方が良いです。

いやいや、ナチス以上の事を国連さんのお墨付きでやってるんじゃないかな。日本には現在過去未来にわたって様々な要求を突きつけてくるけど中国に関して全くもんだいにしてないからね。

彼の歴史の繰り返しでは平和は来ないだろう。

あの頃よりも世界中の情報を得やすくなっているはずなのに…なぜこんなにも出回らないのだろう…

何故こんな国の首席を国賓として迎える必要があるのか。日本は天安門事件後の失敗を繰り返すべきでない。

一党独裁は天国と地獄が隣合わせ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事