小埼ななさんのツイート

日本は不寛容

是枝裕和監督が、韓国のテレビ番組に出演。

日本社会は寛容さを失った。社会的弱者が、より弱い人に槍を向ける。弱者への攻撃が許されている状況」と語った。

私には、弱者のふりをしてヘイトって言えば全方位へ攻撃が許されて"強者"になれる変な社会に思えます

是枝裕和 プロフィール


是枝 裕和は、日本の映画監督、脚本家、ドキュメンタリーディレクター、映画プロデューサー。東京都練馬区出身。東京都立武蔵高等学校、早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。早稲田大学基幹理工学部表現工学科教授、立命館大学産業社会学部客員教授。
生年月日:1962年6月6日 (年齢 57歳)
是枝裕和 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

区役所の生活保護申請受付を担当していたママ友が「世の中、何も持ってない人が実は一番強い」と言っていたのを思い出しました。

寛容と言う言葉は、信用があって初めて寛容になれます。悪意ある人には、寛容にしてはいけないのです。善悪の区別も付かない人が、何故増えたのか?

弱者でも声を上げる数がそろえば強者ですから。数の少ない強者を攻撃しているのですな。

この人最近向こうのスポークスマンみたいですよね😞そんな色が着いた人の映画は見たくないと個人的には思いますね😞

黙って寛容な国に行けばいいだけですね。

今流行りの監督さんだか知らないが、近代史をもっと勉強して弱者の定義もしっかり認識してください。温厚な民族を侮辱する発言に引っかかっております。

最近、声の大きいイケイケの弱者が増えたように感じています。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認