【令和2年度予算案】尖閣、大和堆の警備強化を継続 海保、組織強化も

▼記事によると…

・政府が20日、閣議決定した令和2年度予算案で、海上保安庁は2253億8700万円を計上。

中国公船の侵入が相次ぐ尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の海上警備、日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」で違法操業する北朝鮮漁船の取り締まり、東京五輪・パラリンピックのテロ対策など多少面への対応力強化のため、大型巡視船や航空機拡充費用を盛り込んだ。

人員も436人増員し、過去最高の1万4328人態勢とする。

2019.12.20 11:28
https://www.sankei.com/economy/news/191220/ecn1912200012-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

大和堆


大和堆(やまとたい)とは、日本海中央部に位置する浅い部分(堆、海底山脈)である。最も浅い部分で水深236mであり、日本海有数の好漁場となっている。
大和堆 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

海保じゃなくて自衛隊じゃなきゃダメ

文科省の予算を半分くらいにして、海保をもっと増強してください。防衛省予算の拡充も必要だと思います。

尖閣で領海内に入った中国船は撃沈で良い。

保守層向けのガス抜きでないことを祈ります。ところで公務員常駐はどうなったんですかね

防衛を最優先して欲しい。それなら増税されても文句は言わない

海自胸を張って尖閣を守る日が来ることを祈ろう。皆さん日本の為にご苦労様です。

素晴らしい。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認