現金の束入りジュラルミンケース発見、手つかずか 青梅男性殺害

▼記事によると…

・東京都青梅市成木の民家で住人の無職、小川和男さん(67)が頭を殴られて殺害された事件

・敷地内にある母屋と隣接した建物から現金が入ったジュラルミンケースが見つかったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁青梅署捜査本部は犯人がこうした現金を狙って事件を起こした可能性があるとみているが、現場の状況からこの建物には立ち入らずに逃走したとみられる。

・3個のジュラルミンケースが見つかり、うち1個には帯封付きの現金の束が敷き詰められていた。ケースは底上げされていたほか、現金の束に同じ大きさの紙片が混じるなどして

・小川さんは近隣住民や知人に対して、多額の現金を所有していると説明、「1億円が入っている」として現金入りのジュラルミンケースを見せたこともあったとされる。

2019.12.20 12:02
https://www.sankei.com/affairs/news/191220/afr1912200019-n1.html

成木村


成木村は、東京都西部の西多摩郡に属していた村である。
成木村 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ボクの探偵としての血が騒ぐのね。

籠池氏を思い出すね。

確証はなかったから書かなかったけど。そうなんじゃないかという予感はあった。

スゴイなぁ。1億円持っていると見栄っ張って自慢していたらカネ目当てで殺されてしまうも、実は札束はフェイクだったっていう凄まじいオチが待っていた件。

お金は盗られてなかったのね。しかし白紙嵩上げとは。見栄っ張りな人だったのね。

虚勢を張ったせいで殺されるとか、こんな虚しい死に方があるんだな。容疑者は端金のためにリスク背負って今頃慌てふためいてるだろ。

悲しい事件だったね・・・

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認