菅官房長官、対韓輸出管理「協議して決めるものでない」

▼記事によると…

・菅義偉官房長官は16日の記者会見で、同日の日韓両政府の局長級による政策対話で議題となっている日本の対韓輸出管理の厳格化措置について「国際的責務として適切に実施する観点から総合的に評価し、運用する」と述べた。

「そもそも相手国と協議して決定する性質のものではない」とも語った。

2019.12.16 12:21
https://www.sankei.com/politics/news/191216/plt1912160007-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

菅義偉 プロフィール


菅義偉は、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

必要な書類を出せばそれで終了する話

まあ、国際ルールだし。

そもそもホワイト除外は不当なんて文句言ってくる時点で内政干渉。位は言って欲しい

私はガースーが好き♡

管理が出来ていない国への輸出なら、こちら側がやってやらないと、横流しが日常化しますから。カネにルーズな人に財布を握らせないのと同じ事です。

韓国には輸出入管理のイロハから教えてやれ。

菅さん、毅然とした対応を今後もお願いします。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認