木下優樹菜「怒りで失敗した有名人」1位のニュース“抹消”疑惑

▼記事によると…

・“タピオカ恫喝騒動”で芸能活動を自粛中のタレント・木下優樹菜(32)を巡り、水面下でまた騒動が起きていた――。10日に発表された「アンガーマネジメント大賞2019」で、木下が「怒りの感情をコントロールできずに失敗してしまったと思う有名人」の第1位に選ばれたことが発端だ。木下サイドが復帰に向けた動きを模索する中で、不名誉な1位でクローズアップされるのは大きな痛手。だからといってネットニュースが、すぐに“抹消”されたのはいったいなぜ?と大きな話題になっている。

・アンガーマネジメント大賞は、日本アンガーマネジメント協会が制定するもので毎年12月に発表される。協会のメールマガジンを通じて昨年11月から今年11月の間に注目された人物・事件・事柄を募集し、上位に挙げられた回答の中から協会公認のアンガーマネジメント講師266人の投票により各設門の1位を選ぶ。

「上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人第1位」である「アンガーマネジメント大賞2019」は、嵐の櫻井翔(37)が受賞した。

嵐が活動休止の発表会見を開いたのは今年1月のこと。一方の木下は最近の話題。それだけに、木下の受賞がクローズアップされてもおかしくなかったが、なぜかニュースとしてほとんど報じられなかった。

「実は大手メディアを含めてニュースとして記事を配信した媒体はあったのですが、すぐさま“消去”。または報じようとしたが、“自粛”した媒体もあった。実はアンガーマネジメント大賞に選出されたことに気づいた木下サイドから『取り上げないでほしい』というお願いがあったのです。ただ、ネット上では恫喝騒動で木下が『出方次第でこっちも事務所総出でやりますね』などとDMを送っていただけに『また総出か?』などと厳しい指摘が相次いでいる」(芸能関係者)

12/15(日) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000001-tospoweb-ent

木下優樹菜 プロフィール


木下 優樹菜は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。
生年月日:1987年12月4日 (年齢 31歳)
木下優樹菜 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

世間の目が怖く、今もなかなか家から出ることができないとかそんなタマちゃうやろ

事務所総出が事実になってしまった結果という事。

>復帰に向けた動きを模索しているが、少しでも早く世間の記憶が薄れることが大事になってくる
こういう感覚ならまた同じ失敗しちゃうと思う…。人はそう簡単には変われません。

この人が復帰して、テレビに出てきても、気分悪いので家族総出で、観ません!!

なんで事務所はここまで事務所の看板汚してまでこの人の事守るのか謎。

いじめの武勇伝のイメージも強いから、好感度はもともとなかったよ。身から出た錆!

復帰を模索している?この事自体がおかしい、自粛したのは最近でしょ。犯罪まがいな事をして、尚且つタピオカ店の店主からも許しが出ていないのに復帰を模索すること自体変な話、事務所は何を考えているのか、事務所の性質に問題がある、一芸能人をコントロールできていない

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事