“心は女性” 女性トイレの使用認めない国に賠償命令 東京地裁

▼記事によると…

・心は女性で体は男性の性同一性障害と診断された経済産業省の50代の職員は、職場で女性用トイレの使用を認められないのは不当な差別だとして、国に対して処遇の改善や、1650万円余りの賠償を求めました。

職員は自分の部署のフロアでは女性用トイレの使用が認められず、2階以上離れたフロアでトイレを使うよう言われていて、国側は「ほかの女性職員との間でトラブルが生じるおそれがあり、合理的な判断だ」と主張して争っていました。

12日の判決で東京地方裁判所の江原健志裁判長は「個人が自分で認識する性別にあった社会生活を送ることは重要な法的利益として保護されるべきだ。性同一性障害を含むトランスジェンダーの人が働きやすい職場環境を整えることの重要性はますます強く意識されるようになってきている」と指摘しました。

そのうえで「職員は女性として認識される度合いが高く、男性用トイレを使うことも現実的に困難だ。女性用トイレの使用を認めないのは社会観念上、妥当ではなく、違法だ」として、女性用トイレの使用を認めないとした国の措置を取り消したうえで、国に130万円余りの賠償を命じました。

2019年12月12日 16時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191212/

性同一性障害


女性なのに、自分は「本当は男なんだ、男として生きるのがふさわしい」と考えたり、男性なのに「本当は女として生きるべきだ」と確信する現象を「性同一性障害(gender identity disorder, GID)」と呼びます。このような性別の不一致感から悩んだり、落ち込んだり、気持ちが不安定になることもあります。
性同一性障害については、まだ理解が進んでいるとはいえず、診断や治療ができる病院も多くはありません。そこで、性同一性障害とはどのような病気であるのか、その症状や治療法、法的側面等について解説します。
性同一性障害 - みんなのメンタルヘルス

twitterの反応

▼ネット上のコメント

周りの環境次第だし別に良いんじゃない

多目的トイレを増やすべき!

性同一性障害でない女性の経済産業省の職員の意見も聞いた方がよくないですか

2階離れた場所ではあるが使用は認めてるんだろ。職場も妥協してるんじゃないの

わいの偏見申し訳無いですが、心が女性と言われても男性の格好してたら不審者だと思ってしまいます💦

トイレ使うときだけ「女」って奴絶対に出てくる

どっちが悪いなんて決められんわこんなん

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事