「社長でしょ?」父を動かした小3の決意 好きな首里城のために…9年貯めたお年玉、全て寄付

▼記事によると…

・自動車販売のオフィスMIYA社長の宮城健さんと次男で城西小学校3年生の修士さんは9日、首里城再建の寄付金として17万6500円を沖縄タイムス社に託した。

修士さんは小さい頃から首里城で遊び、親子で周辺をジョギングするなど、親しんできたという。火災を受け、9年間ためたお年玉を全て寄付することを決意。健さんも修士さんに「社長でしょう?」と後押しされ、500円玉貯金を寄付に充てた。

12/11(水) 6:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00508537-okinawat-oki

首里城


首里城(しゅりじょう、沖縄方言: スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。現在は国営沖縄記念公園の首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっている。
首里城 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

出火原因の特定の方が大事だぞ。。

寄付した小学生✨なんて偉いのだ❣️👏👏👏私だったら絶対できない…😅💦

良いことをしたね。地元のシンボルを復活させるために頑張ってほしい。あと防火設備も。

>首里城再建の寄付金として17万6500円を沖縄タイムス社に託した。
新聞社に持っていく事にしたのは誰の案なんだろう?

やばい。泣ける。俺にもなんかできることあるやろ?って思わせられる。

こういうのは黙っておいた方がいい。悪い輩なら17万で売名行為と捉えかねん

背景はいろいろあるけど、この子の思いやりある行動を僕たちは見習わないといけない事実

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事