“切干大根”など急増…児童「肉食べたい」食材高騰で質素に 小学校の給食費を名古屋市が値上げへ

▼記事によると…

・来年度から食材費の高騰を受け、名古屋市教育委員会は市立小学校の給食費を600円値上げし、4400円とする

・実はこの10年で、名古屋市の給食は質素になってしまった

・子供たちに人気のヒレカツは10年前は年に6回提供が、昨年度は1回名古屋の名物グルメ・エビフライが姿を消し、デザートの回数も83回から41回と半減。人気メニューが減る一方で切り干し大根が増えた

・市教委のアンケートでは、保護者の7割が「値上げはやむを得ない」としているという

2019年12月5日 木曜 午後4:34
https://www.fnn.jp/posts/8976THK

名古屋市


名古屋市は本州中部に位置する愛知県の県庁所在地で、製造業や輸送業が盛んな都市です。中区には、博物館や美術館の他、パチンコ店も多く見られます。また、ショッピング ビルの外側に設置された観覧車スカイボートなどがある栄地区などの繁華街もあります。中区の北部にある名古屋城は、1612 年築城の徳川家の居城を一部再建したもので、江戸時代の工芸品などが展示されています。
名古屋市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

どこの国の話かと思ったら、日本の話か...落ちぶれものだ。前にネトウヨの皆さんが、話題にしていた某国の給食より酷い。

これ、病院食ですか?どうやら日本は心の底から「子供に税金を使うなんてもったいない!」と思っているらしい。オリンピックで「お・も・て・な・し」なんてやる金があるなら教育と子育てに回せ。もてなす前にやることあるだろ。

金持ち優遇の市民減税やお城に税金使うなら、給食にこそ最優先で税金使うべきだろ!

どこかと思えば市長がネトウヨの名古屋市か。

これは学校給食に限らず全国民の食卓の実態なんじゃないかな。行き過ぎた円安政策と低賃金政策。そして二度の消費税増(2014,2019)。安倍政権になってからエンゲル係数は増加の一途。

子どもが満足に食べられない国でオリンピックとか高級ホテルとか、なんなんだろう?

子供は国の宝。せめて公立小中学校給食は国と大企業で全額補助すべき。調理員さんを全員正規公務員にしてもいいくらい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事