「出所したらまた殺す」 新幹線殺傷男23歳が法廷でした衝撃の“再犯宣言”

▼記事によると…

・出所したらまた殺す――。法廷で前代未聞の宣言をしてのけたのは、昨年6月に東海道新幹線で乗客3人を殺傷し、殺人罪などに問われた、住所不定無職の小島一朗被告(23)だ。

11月28日、横浜地裁小田原支部の初公判で起訴内容を問われると、「窓際にいる人を殺そうとしましたが、残念にも殺し損ないました」「止めに入った人を、見事に殺し切りました」などと述べ、法廷内の全員を驚愕させた。

・小島の親は事件直後から衝撃を隠さず、生い立ちを説明するとともに「極悪非道な罪を犯したことに困惑している」と語っていた。

小島自身が事件の重大さに気づく時は来るのか。判決は12月18日の予定。

2019年12月7日 6時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17490565/

東海道新幹線


東海道新幹線は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ東海旅客鉄道の高速鉄道路線およびその列車である。 多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線」とも呼ばれる。
東海道新幹線 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

まじで外に出さないで欲しい

出所したら被害者増えるだけなのでほんと◯刑でお願いします

よっぽど◯刑にしてほしいんやな

反省の色も一切ありませんし出所したらまたやると言っているのなら◯刑で異論はないでしょう。

法廷の場でこの発言うーん、出所したらまた殺るだろうし、司法的にはどうなるんやこれ

どういう生い立ちだったのだろうか

えっ…怖い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認