立民 枝野代表 国民・社民党首に合流に向けた協議呼びかけへ

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野代表は、赤松・衆議院副議長と会談し、野党勢力の結集を目指して、国会で会派をともにする国民民主党と社民党の党首に、6日にも、党の合流に向けた協議を呼びかける考えを伝えました。

・立憲民主党と国民民主党には、次の衆議院選挙に備えて1つにまとまるべきだとして、早期の合流を求める意見があるほか、立憲民主党内には「合流する場合でも、党名や政策を変えるべきではない」という声も出ています。

2019年12月6日 14時58分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204641000.html

枝野幸男 プロフィール


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任。
生年月日:1964年5月31日 (年齢 55歳)
枝野幸男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

枝野さんの賢明な判断を支持する。

政党名は何でも反対党な!

いっそ共産党とも一緒になったら?民主共産党で。

ダメだこりゃ🤦‍♂️

なんで別れたんだっけ、、、もう一回考えてみようか

政策も政治信条も違う政党が合流できるのでしょうか?党の綱領も無い政党だからどうにでもなるのかね。これで社民党も消滅でしょう。

ただの数合わせになるか、理念を立てることができるか、それが問われる。さもなくば合流せずに協力した方が良い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事