麻生財務相「うずしお」体験乗艦、「私物化は考えたこともない」

▼記事によると…

・麻生財務大臣が海上自衛隊の潜水艦「うずしお」に、休日の土曜日に潜水航行を体験していたことが分かった。野党側が「自衛隊の私物化」などと批判していることに対し、麻生大臣は「私物化は考えたこともない」としている。

・麻生氏が潜水艦に乗った経緯について、海上自衛隊は「大臣側の希望」としている。

・乗艦した理由について麻生大臣は・・・
「海上自衛隊の実情に触れるということで、乗せていただいたんだと思います。防衛予算の査定作業にあたったりするうえでも現場環境というものを知っておくのは大事なことだったと考えている」(麻生太郎 財務相)

このように述べた上で、「潜水艦以外の現場にも色々行っている」と反論した。

12/3(火) 13:36
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191203-00000037-jnn-bus_all

▼関連ツイート

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家である。自由民主党所属の衆議院議員、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問である。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 79歳)
麻生太郎 - Wikipedia

うずしお型潜水艦


うずしお型潜水艦は、海上自衛隊が運用していた通常動力型潜水艦の艦級。水上航行能力を相応に重視していた在来型船型を改め、水中性能を重視した涙滴型船型を採用した初の艦級である。第3・4次防衛力整備計画により、昭和42年度から48年度にかけて7隻が建造された。順次に改良が重ねられているため、計画番号は、42・43SSがS118、44〜46SSがS119、47・48SSがS119Aとなっている。なお、当初は8番艦の計画もあったが、第一次オイルショックによる建造費高騰を受けて中止された。
全長 72.0m
最大幅 9.9m
うずしお型潜水艦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

政策で勝て

あなたがやったことを、世間では「私物化」というんだよ。

土曜日の休日に、政治家としてやるべきことやっているだけだが?野党は批判するけど、こんなことやってた人いるの?国の防衛予算の計算に視察は必要だと思うけどね

副総理なんだからむしろ必要なことだろ。

私物化という表現はピンとこないけど、大臣が現場を見たいと担当外の自衛隊に頼むのはよろしくはないと思う。麻生さんが乗ることになったら現場は大騒ぎになる。

私物化?麻生さんが今後、普段の移動に自衛隊の潜水艦を使うとでも?

政策をまともに討議できる野党はいないのだろうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事