GSOMIA延長にも…日本の国民の半数「関係改善につながらないだろう」

▼記事によると…

・軍事情報包括保護協定(GSOMIA)がひとまず延びたにもかかわらず日本国民の半分ほどは協定延長が韓日関係改善につながる可能性に対して否定的な見方を持っていることが明らかになったと毎日新聞が報道。

同紙が11月30日と12月1日の2日間にわたり実施した世論調査で

「韓国がGSOMIA延長を決めたことが両国関係改善につながると考えるか」という質問に、「つながるとは思わない」という回答は49%、これに対し「つながると思う」という回答は33%にとどまった。

2019.12.02 11:56
https://japanese.joins.com/JArticle/260126?sectcode=A10&servcode=A00

軍事情報包括保護協定


軍事情報に関する包括的保全協定とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月現在、日本はアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。
軍事情報包括保護協定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

GSOMIA破棄も別に関係悪化につながらない

ビザ復活、特権廃止、断交など早くして欲しいんだけど。。

「GSOMIAは明日にでも破棄できる」と、国家間の安全保障そのものを外交カードのひとつにしてしまった韓国。そんなことを平気でやらかす国を、信用できるはずもなかろう。

人間関係と同じで、性格が合わない者同士が、仲良くなることは絶対に出来ない。

今まで何回も裏切られているのでさすがに簡単に関係改善など出来ないと考える人が増えてきたのだと思う。

まずは反日教育を無くさなければ

一度失った信頼は、そんなにすぐに取り戻せないですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事