小さな博物館の学芸員さんのツイート

退職金は一円もありません。

1年ごとの更新なので、毎年3月末で契約が切られ、4月1日から再雇用だからです。

それを選んだのは自分だろと言われてしまえば否定はできません。

今まで10年間正職員になるチャンスすらありませんでした。

行政が博物館学芸員は正職員必要なしと決定しているからです

学芸員


学芸員とは、日本の博物館法に定められた、博物館における専門的職員および、その職に就くための国家資格のことである。欧米の博物館・図書館・公文書館では職種としてキュレーターが置かれているが、日本ではキュレーターを学芸員と訳している。
学芸員 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

その運用は普通に労働基準法違反では。

小さなオークション会社ですがもう少し待遇は良いです。

ですよね、私は約10年前に辞めました。仕事は好きでしたが…将来のこと考えて。これが良かったのかはわかりません。

国会審議見てると彼らの給料減らして充当してあげてほしいくらい大事な仕事ですよ

博物館って最先端の科学をやるのとと同時に、科学の裾野を広げ未来の科学者を育む大切なところ。そこで働く方々を大切にしない社会で科学が衰退するのは必然。

この国の行政は国民を殺す。派遣制度取り入れてから全てこの調子だ。

悲しいですが文化や芸術、科学研究を蔑ろにする国に未来はありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事