ペットショップの入口で放棄されていたゴールデンレトリバー。

ショップで2週間待ち続けましたが飼い主は現れません。

通報を受けた動物保護団体『NPO法人ラブファイブ』により、この犬は保護されました。

その時の様子がこちら…

かなりの人間不信に陥っており、人を見ると牙を向いて威嚇。

今にも噛みついてきそうな勢いで、とても触れる状態ではありません。

非常に温厚な性格と言われるゴールデンレトリバーがこんなになるなんて…

このままでは殺処分対象になる可能性も。

保護団体はこの子に人間への信用を回復し、優しい家族に恵まれてほしい一心で毎日根気よく接し、ケアを続けました。

そして数週間後…

保護団体の職員と「とってこい」で楽しそうに遊んでいます。

「おすわり」だってとっても上手^^

お腹を出して撫でられ、甘えているその姿は、とても人間に対して牙を向き、威嚇していたあの犬とは思えません。

かつては以前の飼い主とも、このように楽しく遊んでいた時期があったのでしょうか。

今ではトレーニングも順調にこなしているそうです。

幸せになれるのも、きっともうすぐ…

出典元:【飼育放棄】狂暴です。飼主に捨てられた子の保護時の様子 【飼育放棄】狂暴だった子。ここまで心を開きました!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事