iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に

▼記事によると…

・人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。

国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。

12/1(日) 20:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000046-jij-soci

山中伸弥 プロフィール


山中 伸弥は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士。
生年月日:1962年9月4日 (年齢 57歳)
山中伸弥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

よくわからん、ips細胞はありまーす!だったってこと?

↑全然違う
企業「それは金にならない研究だからやめるわ」↓
政府「企業がそう言ってるから助成停止ね」↓
山中「本来の期間ぐらい守ってください。企業と同じ利益性で見解で停止される助成金って企業内研究と何が違うんですか?」

この国は終わりだよ。自己防衛おじさんが言ってたけど国外への脱出が一番賢い

↑青色LED作った中村?さんも全く同じこと言ってたな。今 カリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授らしい

アメリカに渡す金よりよっぽど重要じゃないのか?

なんでシュレッダーガーとかやってるク◯野党とマスゴミはこっちで安倍政権を責めないんだ?

技術系の予算だけはゴリゴリ削りまくるよな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認