在特会元幹部に罰金50万円 京都地裁、ヘイトスピーチ

▼記事によると…

・拡声器を使ってヘイトスピーチをして朝鮮学校の社会的評価をおとしめたとして、名誉毀損(きそん)の罪に問われた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」元幹部の西村斉被告(51)に京都地裁(柴山智裁判長)は29日、罰金50万円(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

起訴状などによると、平成29年4月23日午後、京都市南区の京都朝鮮第一初級学校跡地近くの公園で拡声器を使い「この朝鮮学校は日本人を拉致した」「校長は国際指名手配されている」などと繰り返し発言。

その様子をインターネット上で配信し、同校を運営していた学校法人京都朝鮮学園の名誉を損なったとしている。

2019.11.29 11:37
https://www.sankei.com/affairs/news/191129/afr1911290009-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

在日特権を許さない市民の会


在日特権を許さない市民の会は、日本の市民団体である。略称は在特会。 在日韓国・朝鮮人に対する入管特例法などを在日特権と定義し、その廃止を目的として設立された。設立者および初代会長は桜井誠。現在の会長は八木康洋。
メンバー: 14,000人(公称)
設立: 2006年12月2日
在日特権を許さない市民の会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

逆も公平にして下さい

もっと戦略的に考えて欲しい。表立ってやらなくても出来る事はある。

新聞紙面でのヘイトスピーチで日本人全体の社会的評価をおとしめてる某新聞と某新聞には表現の自由が適用されるのに

軽い処分だな

やりすぎなのかもしれないけど、言ってる内容に誤りはない。

まぁそうなるでしょうね。当時、映像で観てたけど、あのやり方はダメだよ。

自分の国なのに、段々居心地が悪くなりそう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認