自民、旭日旗で対韓決議を検討 日韓関係配慮で保留に

▼記事によると…

・韓国国会は9月末、旭日旗を「軍国主義の象徴」などと位置づけ、五輪競技場への持ち込みを禁止するよう国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会に求める決議を賛成多数で採択した。

これに対し、自民党の衛藤征士郎外交調査会長が抗議のための決議を提案。今月22日の外交部会・外交調査会の合同会議で取りまとめる方向で調整していた。

しかし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)失効直前のタイミングだったため党幹部から慎重論が出て一時差し止めとなり、現在も保留されている。

党内からは「日本はGSOMIAで外交的に勝利した。あえて傷口に塩を塗る必要はない」という意見がある一方、「党が黙っていては旭日旗に関する韓国の言い分を認めたことになる」との不満も漏れる。

2019.11.28 22:42
https://www.sankei.com/politics/news/191128/plt1911280046-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

旭日旗


旭日旗は、太陽および太陽光を意匠化した旗。光線が22.5度で開く16条のものがよく知られている。
旭日旗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

配慮しすぎて今に至る

日本ばかり配慮してるような気がするんですけと。

保留にさせる党内の声とは、具体的にどなたの声でしょう。明かして欲しいものですね。国民にはそれを知る権利がある。

韓国は日本に配慮するつもりがゼロだけど。

即時抗議が基本です。日本の意思を表明しない方が間違ったメッセージを送ることになる

お互いの主張をぶつけるのが国際社会ですよー

自民党さん、配慮ばかりでなく、自国優先で誇りを持って対処願います。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事