野党、29日から「審議応じず」 会期末へ対決色鮮明

▼記事によると…

・立憲民主党など主要野党は28日、首相主催の「桜を見る会」に預託商法などを展開して経営破綻した会社の元会長を招待した問題をめぐる政府・与党の説明が不十分だとして、29日以降の国会審議に応じない方針を決めた。

野党は「あらゆる限りの手を尽くして戦う」(立民の安住淳国対委員長)構えで、12月9日の会期末に向けて対決色を強めている。

2019.11.28 20:19
https://www.sankei.com/politics/news/191128/plt1911280041-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

桜を見る会


桜を見る会 は、1952年から例年4月に新宿御苑で開催されている内閣総理大臣主催の公的行事である。
桜を見る会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

やる気がない野党議員は、いらない!💢国益国防の害悪でしかない!💢

リコールできませんかね。休んでばっかり文句ばっかりで仕事しないなら、国会議員である必要はない筈です。

なんだよ?シュレッダーを見る会が仕事納めかいな。なんたる税金泥棒ですか!

早い冬休み乙!

野党抜きで粛々と採決して下さい

あらゆる限りの手を尽くしてサボる。それが野党。

またサボる口実ができたと喜んでるんだろ。もうわかってるんだよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認