高知知事選の敗北、共産党籍が影響 信頼関係醸成も―立憲・福山氏

▼記事によると…

・立憲民主党の福山哲郎幹事長は26日の記者会見で、先の高知県知事選で主要野党が一致して支援し、敗れた共産党系新人が党籍を持ったまま選挙に臨んだことについて、「(党籍が)なかった方が良かった」と述べ、選挙結果に影響したとの認識を示した。

一方で福山氏は「次の衆院選に向けた共闘の在り方について一定の形を示し、信頼関係も醸成できた」と評価。

2019年11月26日17時40分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112600931&g=pol

福山哲郎 プロフィール


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、京都造形芸術大学客員教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
生年月日: 1962年1月19日 (年齢 57歳)
福山哲郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

共産党に怒られるよww

その通りやけど、おまんがそれを言うて良ぇがか?w

立憲って感じですね。福山氏の思考がわかりましたね。立憲以外の野党はどこと組むかをむしろ考えたほうがいい

立憲民主は見限っているとはいえ、こういう傲慢さ見せつけられると心底失望するわ。

野党一丸となって挑んだのに、共産党だからって理由は仲間としてどうよ?

こんな事で野党共闘を崩してどうするよ。

敗因は、そこじゃないと皆わかっている...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事