桜を見る会騒動 私物化批判の「メディア」「野党」に刺さるブーメラン

▼記事によると…

・1990年代から20回以上、この会に出席してきた放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏は、

「そもそも、首相の主催なんだから、自分と縁のある人を招くのは当たり前。民主党政権の時は民主党の後援者が来ていましたよ。それを批判するのは“和田アキ子が『アッコにおまかせ!』を私物化している!”と叫ぶようなもの。アメリカやフランスの首脳だって式典には自分に近い人物を呼びますからね」と一刀両断した上で、

・「メディアにしたって毎年この会を取材してるし、お偉方が桜を見る会に招待されてるんだから、与党の支援者が大勢訪れていることは分かっていたはず」と言う。

・メディアから激しく追及される安倍首相も、この矛盾に言及していた。

週刊新潮 2019年11月28日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11260800/

デーブ・スペクター


デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家、著作家、タレント、俳優、コメンテーターである。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。血液型O型。 妻はエッセイスト・コラムニストの京子・スペクター。
生年月日: 1954年5月5日 (年齢 65歳)
デーブ・スペクター - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

完全に正論

何やってもブーメラン帰ってきてネタになってないじゃん

与党も野党もどちらも酷いんだけど、よりマシな方が自民党というだけなんですよね。

やっぱ野党はダメだなあ。ブーメランばっかりだしお変わりない

大々的にやるはずだった関西電力の件が、野党もマスコミも触っちゃダメな案件だとわかって急遽ひねり出したのが桜だからな。

昔っから一般庶民には関係ない宴席を見せつけられてる印象しか無いわ

招待されたメディアは批判出来ないよな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事