志位和夫議員のツイート

ローマ教皇、「核兵器禁止条約にのっとり迅速な行動」をよびかけつつ、「核兵器の威嚇に頼りながら、どうして平和を提案できるでしょうか」。

「核の傘」に頼り、禁止条約に背をむけながら、ポーズだけの「平和」を唱える日本政府の立場に対する痛烈な批判だ。

教皇の発言に心からの歓迎を表します!

志位和夫 プロフィール


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 65歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

核問題はとても難しいですね。

日本が傘から出たところで雨は降るんですが…??

いや、違うと思いますけど…証人であり、中心となって声を上げてくれという意図は感じますが、そこに日本政府の批判など入っていませんよ。逆に批判しに来たんだったら凄いと思うけど。

などと言いつつ、核兵器を所持してる国の半分はキリスト教圏という矛盾。

安倍政権は核兵器禁止条約を大至急批准せよ!

まず現政権を断罪して平和と調和への道を進みましょう💕

核兵器を持つ全ての国々にわかってもらえるといいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認