【コラム】文大統領、適切な地に足をつけた

▼記事によると…

・なんとか乗り越えた。GSOMIA「条件付き延長」は幸いだ。政府の立場でも終了がもたらす負担が大きかったようだ。

・日本に対して特に強硬姿勢を見せてきた文大統領だった。GSOMIA以前の強制徴用、慰安婦問題などで激しく衝突した。昨年2月、平昌では韓米軍事訓練延期をめぐり安倍首相と戦う直前まで行ったこともある。

一つ一つ衝突事例に言及するのが難しいほどだ。

民主党の重鎮議員は「大統領は就任後、安倍首相に対して力を注いだ。しかし安倍首相が文大統領を無視するような事例が何度かあり、一時は文大統領が安倍首相をおかしな人だと考えるほどだった」と話した。

2019.11.25 09:40
https://japanese.joins.com/JArticle/259901

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 66歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

つまり有能か

自分たちのことを日本人に置き換える手法はれんぽーで見飽きた

あ◯まのおかしい奴におかしいって言われるって事は、やっぱ安倍首相は正常なんやな

今頃気付いたんですか

いいぞーGSOMIA延長で心配したけど、俺たちのムンちゃんはまだまだやめへんでー

日本人ならみんな知ってるけど

国際的評価は逆やで

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事