組み体操「人間起こし」全国で事故多発 専門家「非常に危険」

▼記事によると…

・「人間起こし」は、「トラストフォール」とも呼ばれ、数人で作った土台の上に1人の子どもを乗せ、立ち上がらせたり、後ろに倒れさせたりする技です。

この技について、大阪経済大学の西山豊名誉教授が、学校での事故をまとめている日本スポーツ振興センターのデータを分析したところ、去年までの3年間に全国の学校で145件の事故が起きていることがわかりました。

都道府県別では兵庫県が30件と最も多く、ついで、大阪府が18件、埼玉県が13件、愛知県が12件などとなっています。全体の6割が、上に乗る子どものけがで、脳しんとうや頭部の打撲など、勢い余って頭から地面に落下したとみられるケースが目立つということです。

・西山名誉教授は、ピラミッドやタワーなどの代わりとして、見栄えのよい「人間起こし」を行う学校が増えているとしたうえで、「アクロバティックな技で非常に危険だ。重大なけがにつながるおそれがあるので、実施は控えるべきだ」と話しています。

2019年11月20日 14時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183961000.html

組体操


組み立て体操 とは、体操を基礎にして、一般には道具を使用せず身体を用いて行う集団演舞である。日本に於いては文部科学省が定める学習指導要領で取り扱って無いが学校で催される体育行事で在校生徒の強制的な参加により披露されるマスゲームの一種である。
組体操 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

危険な演目を強要するのは教師の自己満足に過ぎない。専門的な知識を持つ指導員を採用するべき。

危険に対する認識は人それぞれ大きな差がある、子供だって同じこと。調査すれば数字にでる。取り返しがつかない事故が起きる前に止めるのが賢明な判断。

この体操は、起こるべきして起こると思います…(泣)

怖い〜😱

人間危険な事も経験しないと成長しない。

いつこんなの広まったんだ?

死ぬまでやるんだろうなー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事